« 寄り添うこころ | トップページ | 参りました(;一_一) »

あらまっ!!

本日sun 天気はいいけど風が冷たいwobbly

我が家の玄関先に有る金木犀の花が散って

辺り一面、オレンジ色の絨毯を敷きつめたように

なっている(ご近所の皆さんごめんなさい)

Pcake 昨日は、婆さま90歳の誕生日

目出度く『卆寿』を迎えることが出来た。

外でお祝いをしてあげたいのだが、それは到底無理な話なので

施設のお部屋でお祝いをすることにした。

爺さま、娘夫婦、骨折した娘、そして私達夫婦揃って

婆さまの元へ行く。

全:「おばあちゃん、お誕生日おめでとう」

婆:「誰が?」

娘「おばあちゃんだよ」

婆:「あら、おばあちゃん自分の誕生日忘れちゃった」

娘:「おばあちゃん、90になったんだよ」

婆:「90・・・あらまっ90 おばあちゃんそんなに年取ったの?」

娘:「そうだよ、卆寿だよ。おめでたいんだよ」

婆:「・・・・・」

婆さまは、歯が無いのと飲み込みが悪くなっているので

固いものは食べられないが形だけでもと思い

栗おこわ(長女と婆さまの誕生日は栗おこわなのだ)

作って持っていった。

喉に詰まらせるといけないので、一粒、二粒口に入れる。

赤ちゃんのお食い初めみたいだったsmile

ケーキは、チョコレートが好きなので

チョコケーキを娘たちが用意してくれた。

婆さま、満足気に完食birthday

私たちもご相伴にあずかりワイワイガヤガヤ

婆さま、些か疲れたのかいつもの帰れコールが出る。

「遅くなるから帰った方がいいよ」←これは帰れということなのだcoldsweats01

最後に娘がもう一度、年を聞いた。

娘:「おばあちゃん、幾つになったんだっけ?」

婆:「おばあちゃんは60歳だよ」

娘:「えーおばあちゃん60なの?90でしょ」

婆:「そんな年じゃないよ。60歳だよ」

全:「happy01happy01happy01happy01happy01happy01

母は、60歳に戻っている。

長女を見ると「○○ちゃんじゃない。顔が違う」と

必ず言う。母の中の長女は真っ黒に日焼けして

遊んでいた頃の幼い子供のままなのだ。

ボケは、神様が人間に与えたプレゼントだという。

母にとって一番楽しい時代が60歳ごろだったに違いない。

|

« 寄り添うこころ | トップページ | 参りました(;一_一) »